子どもの成長をサポートする!保育士の仕事内容

意外と知らない!?保育士の仕事とは?

保育士は乳児から小学校就学するまでの幼児を保育する仕事で、保育士資格を持っていないと働けない決まりです。保育士になる為には保育士養成課程のある大学や短大、専門学校を卒業するか、保育士試験に合格する事で資格が貰えるのです。
具体的な仕事内容は施設で預かっている子どもの食事や睡眠、着替えなどサポートしながら基本的生活習慣を身に付けさせます。子どもの自立心や社会性、感性を育てる役割があります。また一緒に遊ぶ事で心身の健やかな成長の手助けをしたり、季節の行事を計画する事も大切な仕事です。保護者とのコミュニケーションも大切で、連絡帳の記入や教育のアドバイスも行います。

保育士の一日のスケジュール

朝の7時には準備を始め、掃除や室内の換気、設備のチェックをします。時間外で受け入れている子どもが居れば、早朝に受け入れを行うスケジュールです。朝8時になると多くの子どもが登園し、保護者からの伝言も受け付けます。園児の出欠席も確認して、欠席しているのにも関わらず連絡が無い園児は保護者に連絡をします。午前中は朝の会を終えたらクラスごとに遊び、園児のサポートをする流れです。遊んでいる間も園児から目を離さずに、事故が起きない様にしっかりと監視します。
お昼になったら園児たちに手洗いとうがいの指示を出し、配膳の準備です。食事が終わったら歯磨きのサポートもして、お昼寝になります。子どもたちが寝ている間に連絡帳の記入や保育日誌の作成などの事務作業を行い、園児を起こしたらおやつにします。
午後3時には帰りの会を行い、保護者が迎えに来たら園児を引き渡すのです。子どもたちが帰った後は片付けをしたり、明日のスケジュールのチェックをします。

保育士の求人を大阪で探したほうが良い理由は、なんといっても保育園が多いところです。保育園が多いと自宅の近くに通える可能性が高いからです。