転職後に後悔しない医師求人を選ぶためには

医師求人を選ぶ時の大事なポイント

数ある医師求人の中でも、研修制度がしっかりとしているものや、様々な診療科目での実務経験や活かしやすいものは、幅広い年代の求職者に人気があります。新しい仕事を始めるタイミングに悩んでいる場合には、各地の医療機関の求人の担当者に積極的に問い合わせることが大切です。また、待遇の良い大学病院や公立病院で働きたい時には、筆記試験や面接などの採用試験の準備をする必要があるため、余裕をもって転職先の候補を探すことがポイントです。一方、小規模な病院やクリニックなどの求人は、一度の面接だけで採否が決まるところも少なくなく、短期間で転職をしたい人にとって大きなメリットがあります。

効果的な医師の転職活動の進め方

医師が満足のいく転職先を選ぶにあたり、各地の医療環境の良い病院やクリニックの求人情報を日頃からキャッチすることが大切です。また、初めて転職活動に取り組む際には、求人先の担当者とのコンタクトの取り方や、採用試験の対策の立て方などが理解しにくいこともあります。そこで、不定期に開催される医療従事者をターゲットとした就職セミナーや合同面接会などに参加をして、各医療機関の採用状況を把握すると良いでしょう。一人ひとりの医師の経験や年齢などに応じたキャリアアップのための取り組みが行われている医療機関の採用試験には、多くの応募者が集まることがあります。そのため、ライバルに差をつけるうえで、書類選考や面接などで能力の高さをアピールすることが重要です。

医師のバイトは、健康診断などで医師が多く必要な時期にあります。また、手術などで特別な技能が求められる医師の場合もあります。