製造ラインを増やす時に採用する人材は!?期間限定で働いてくれる人を採用!

作業自体は慣れれば簡単

工場の求人で多いのが、製造ラインに入り、商品を組み立てたり、完成させる過程での一部作業を担当する業務です。同じ業務の繰り返しになりますが、製造ラインを稼働させるためには、なくてはならない業務です。しかし同じ業務の繰り返しなので慣れてしまえば単純作業です。

出稼ぎの農家の人を採用するメリット

工場の業務でラインを増やす時は、販売が好調で商品が品薄になる場合があげられます。反面、商品の在庫が発生してきたときにはラインの数を減らして製造個数を調整します。そう考えると、工場側としては、工場で働く人は期間を限定したパートさんやアルバイトさんといった方が使い勝手が良いことになります。このように期間を限定して働ける人の職業としては農家で働く人があげられます。特に降雪地域の農家の方々は冬場は農作業ができないために、首都圏に出稼ぎに出ることは非常に多く、雪が積もっている期間という定められた期間だけ働けるという職業の人になります。

毎年働いてくれる人材を採用するメリット

工場の求人ではこのようなことも考慮して、寄宿舎や単身赴任用のアパート等を用意しているところが多いです。また工場側も毎年同じような作業の繰り返しになる場合には、昨年も働いてくれた人を採用することで、始めから指導する必要もなく、即戦力として働いてくれるために、積極的に過去に働いたことがある人を採用します。働く側も同じ会社の工場で働くことで勝手がわかり安心して働くことができます。そのため求人を掲載する前に、過去に勤務してくれた人にまずは連絡をして人材を確保する工場もあります。

期間工とは3ヵ月から数年の契約で車の組み立て工場などで働く仕事です。一般的にキツいイメージがありますが、大手企業の直接雇用であり食事や寮が完備され、収入も良く正社員への登用も有りやりがいがあります。