仕事も価値観もグローバルな時代?外資系企業で働くための秘訣を学ぼう!

柔軟な考え方と多様性への理解が重要

外資系企業の多くは外国法人が出資しているので、仕事内容も外国を相手にしたものが多くなります。必然的に外国人と関わることになるので考え方や価値観の違いに戸惑うのは決して珍しいことではありません。日本の常識が別の国では非常識というケースもあるので、外資系企業で働く際は従来の考え方や価値観に囚われないことが重要になります。外資系企業では語学に長けている人よりも人付き合いが良く行動的な人ほど重宝される傾向がありますが、これは多くの人と積極的に関わろうとする人ほど柔軟性に富み、多種多様な考え方や価値観に対応できるためです。語学については企業に入社した後でも学ぶことができますが、人付き合いについては長年の経験や生まれながらの才能が大きく影響します。そのため、人付き合いが良い人ほど厚遇されるのです。

個人の頑張りと協調性の両立が求められる

外資系企業は個人の能力を重視すると共に結果主義なイメージがあります。そのような所が多いのも事実ですが、協調性や経過を軽視しているわけではありません。むしろ、グローバルな業務展開を行っている外資系企業ほどチームプレイに重きを置く傾向があります。外国を相手にしたビジネスは利益が大きい分、失敗した時の損失も莫大なものになります。そのため、失敗をさけるためにも目標や意思の共有を重視するのです。また、結果主義についてもそこに至るまでの経過が正当なものでなければ評価されません。利益を得ることは大切ですが、その利益を得るための方法についても重視されるのが大きな特徴なのです。個人の頑張りを優先するあまり、方法の正当性や周りとの協調を疎かにするのは良くないとされるのが外資系企業の多くに見られる姿勢と言えます。

外資 ITに転職して成功する秘訣は、専門の求人サイトを有効に活用することです。外資に関する情報量が豊富ですし、レスポンスがスピーディーな求人サイトもあります。