きちんと理解しておこう!外資系転職のメリット・デメリット

魅力がたくさん!外資系転職のメリット

将来的に仕事でキャリアアップを目指すために、外資系企業への転職を考えている方もいるのではないでしょうか。外資系企業には普通の会社にはない様々なメリットが存在していて、その一つが何といっても給料が高いことです。外資系の仕事は海外に渡航することが多く、英語や現地の言葉を話せる必要があります。加えてエンジニアやマーケティングなどの専門的な知識や技術、資格が必要になる仕事でもあるので、必然的に給料が高くなってくるのです。また海外へと出張するからこそ、日本では体験できないような色々な事柄を体験できることもメリットの一つです。多くの国の文化や生活習慣を知ることで読書やネット検索では知ることのできない生の知識を得られますし、その知識を活かして新たな仕事に取り組むこともできます。

注意しておこう!外資系転職のデメリット

外資系企業に転職してみたいと考えている方もいると思いますが、実は外資系企業にはメリットだけではなくデメリットも存在しているんです。そのデメリットの一つとして挙げられるのが、日本以外の海外諸国に出張することです。出張する国は多岐にわたっていて、比較的技術の進んでいる先進国に行くこともあれば、途上国に派遣されることも少なくありません。数か月から数年単位で出張することも多く、恋人や家族がいる方の場合は長い間大切な人と会えなくなってしまうのです。また途上国に行く場合、衛生面が悪かったり病院などの医療施設が整備されていないこともあり、何らかの感染症に罹患してしまう可能性をはらんでいます。さらに治安も良いとは限らないので、常に注意しておかないと思わぬ犯罪やトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

外資系転職をする際、語学・ITスキルを有していると、より有利な条件で転職して率先力となることができます。