20卒の就活生が考えるエントリーしたくなる新卒採用の仕方!

記憶に残る会社説明会とは?

企業の事業内容や沿革、募集職種の詳しい内容を聞くことができるのが会社説明会です。まずは会社説明会に行くことで、どんな企業なのかを知ることができます。しかし最近では、会社の雰囲気を身近で知ることができるように、社員との座談会やお仕事を体験できるプランも説明会に含まれていることがあります。記憶に残る体験型の説明会は、就活生にとって「もしこの企業に勤めたら?」という未来を想像でき、よりエントリー者を増やすことができるのではないでしょうか。

またこのような体験型の説明会であれば、入社後に「こんな仕事だと思わなかった」「こんな雰囲気だったら入社していなかった」という就活生と、「こんな子だとは思わなかった」という採用担当者とのミスマッチを防ぐことができると考えます。

「何着ていけばいいの?」就活生みんな言っています

説明会や面接、大半はリクルートスーツですが、企業の職種や雰囲気などによっては、服装自由としているところもありますよね。でも服装自由ほど就活生は困ります。私服で行きたいけれどオフィスカジュアルなんて持っていない、私服推奨なのにいってみたらみんなスーツで恥ずかしい思いをしたなんてエピソードはよく耳にします。もし服装自由にするのであれば、選考に響くことはないということを強調してもらえると就活生は助かるのではないでしょうか。暑い時期にリクルートスーツ、正直就活生は厳しいです…。

もちろんスーツを着なければいけない企業も数多くあると思います。しかし就活生が「何を着ていけばいいの?」ということに考え込む時間を与えないだけでも、負担はかなり減るのではないでしょうか。

新卒採用コンサルティングを利用する場合、何よりも過去の実績を確認することが重要です。実際に採用に至った件数と、希望した会社に就職できた割合で良し悪しが決まるためです。