外資系企業で働くとどんなメリットやデメリットがあるの?

仕事のみで評価されやすい

日本企業で働いていると、上司のご機嫌を伺ったり付き合いの飲み会に参加しなければならなかったり、仕事以外でいろいろと煩わしいことが多いのではないでしょうか。そんなことはしないで仕事だけに集中したいと考えているなら外資系企業が最適です。外資系企業は仕事のみで評価されるという特徴があるので、他の人に合わせて働くこと言うことが少ない傾向です。また年齢や性別に関係なく仕事の結果のみで評価される成果主義を採用しているので、若い人や女性であっても実力があれば高いポジションに就くこともできます。外資系企業で仕事の成果を出せば、早い段階で管理職に就くことも可能です。

成果が出ない場合はリストラ対象になるかも

外資系企業は意思決定のスピードが早く、スムーズに仕事を進められるというメリットもありますが、その一方で成果が出ない場合はリストラ対象になってしまう場合もあります。日本企業であれば社員は会社が育てていくという文化があるので、すぐに成果を出せなくても評価が大幅に下がってしまうということは少ないですが、外資系企業は結果が第一なので、仕事で成果を出せないと大幅に評価が下がってしまうことがあります。外資系企業は結果がすべてのシビアな世界であることを転職する前に知っておくことが大切です。他にも外資系企業では日本企業のような社員教育制度はありません。必要な知識は自分で勉強していく必要があります。また業務内容も上司が手取り足取り教えてくれるわけではなく、マニュアルを渡されるだけの場合が多いです。

外資系求人を探すならネット検索が便利です。求人サイトを使えば、在職中の方でも安定した転職活動が進められます。